UVESL

セブ留学なら大学付設の英語学校UVESL

 
  • English (United States)
  • 日本語
  • 한국어
  • Tiếng Việt
  • 繁體中文

 > セブ島ブログ・留学体験談 > EVENTセブ島ブログ >

【セブシティツアー】絶対にはずせない!学生マネージャーおすすめ5選+α

【セブシティツアー】絶対にはずせない!学生マネージャーおすすめ5選+α

 こんにちは。学生マネージャーのSamです!(^^)!

皆さんご存知の方もいるかと思いますが、毎週水曜日は…

ミュージアムツアー・セブシティツアー・マクタンツアー

の三つの中から、応募者の多いツアーが開催される日です!

今回は、旅の一連をご紹介

ではなく。

私が今回のツアーでセブに来たら、「これは絶対に外せない!と思ったものにフォーカスをあててみました。

①レディボーイとの写真撮影

「何故彼女たちとの記念撮影なのか?」

フィリピンでは日本に比べ、レディボーイ(オカマ)の数がとてつもなく多いです。

彼女たちの底知れないパワーと魅力そしてそのハイテンションさは、ものすごく、1度ときめいた相手には、猛アタックで迫ります。

そうでなくても、彼女たちとのやり取りは、決して日本ではなかなか体験することのできない、色んな意味で忘れがたい思い出となるに違いありません。

今回収穫はこちら↓(この写真では色んな感情が飛び交っているのが見て取れますね笑)

前回のアウトリーチ(UVESL主催の海外ボランティア活動)での1枚です。

②フィリピンの伝統的なデザートHalo Halo

 「halo」というのは、タガログ語で「混ぜる」という意味で、食べる前にすべてごちゃ混ぜにして食べます。

 約10種類ものトッピングがのっており、ベースの味は「練乳」!

 私はハロハロを食べるときは必ずLサイズを頼みます(#^.^#)

 見た目の割に味は素朴で、絶対に挑戦してほしい一品ですね‼‼‼

以下:左Large 右Medium

腹筋シックスパックのドライバー・ジュリアスとともに。

③エクストリームエアロパーク in パークモール

パークモール2階に位置する、様々なアクティビティが楽しめる施設です。

「日本にもこんなものいくらでもある」って思われた方。

違うんです!値段が!!

日本で、このような施設に行けば少なくとも3000円は飛ぶのでは??

ここでは、土曜日ですら450ペソ(約1000円)、平日だとなんと350ペソ(約800円)

で1日楽しみ放題なんです!

こりゃもうやるっきゃないですよね!日々の運動不足を補うのも兼ねて!

 

④盲目の方によるマッサージ

このコーナーは、ご紹介したとおり、盲目の方によるマッサージが受けられる場所です。 基本的に腕がメインで、希望であれば下のメニューのとおり他の部位も受けられます。

また、私が紹介した理由は日本でこのような盲目の方による活動をあまり見たことがなかったためです。マッサージを受けるだけとは言わずに、お話をしてみるのもいいのではないかな、と思います。

⑤刺繍入りハンカチ

「世界に1つだけ」って、すごい特別感がありますよね。

同じくパークモールの2階に位置するお店で、名前を無料でいれてくれるのです!

店構えはこんな感じです。

ハンカチだけではなく、他にもいろいろ…

色は豊富ですが、渋めの色ばかりです(笑)

色を決めたら、次は刺繍糸選びです。

用があって日本へ一時帰国するため、ついでに父の日のプレゼントとして

父親の名前を入れてもらいます!(^^)!

正直不安で、どうせフィリピンクオリティ…と思いつつ出来上がりを見てみると…

素晴らしい!

の一言に尽きました(笑) 筆記体で描かれているので、一瞬見ただけではよくわからないですが、しっかり「yasuji」と縫われています!

皆さんも、是非「大切なあの人へ」お土産として、お揃いとしていかがですか?

 

ここでBIG NEWS‼‼‼

4時:パークモールでの集合時間です。ぞろぞろと生徒さんが集まる中で、

急にフィリピン人スタッフが声を上げました。

「あそこに超有名なバスケットボール選手が居る!」

 

と思ったらシャイという言葉を知らないと威張っていた彼女はズカズカと写真を撮りに行こうと言い出しました(笑)

画像でわかるとおり、非常にフレンドリーで、プライベートにもかかわらず、2,3度の写真要求にも非常に友好的に対応してくださいました。

記念撮影もしっかり撮って来ました★

…後日試しに調べてみると、なんと日本人御用達Yahooでも彼の情報が出てきました! 現在は、芸能人としても活躍しているようです。

 

今回は、皆さんがセブに来たら一度は体験してほしい!

を紹介させていただきました。 おひとりでも、バッチメイトとでも、先生とでも!

是非、これらを通して、フィリピンを感じてくださいね!

 

 

 

PAGE TOP