UVESL

セブ留学なら大学付設の英語学校UVESL

 
  • English (United States)
  • 日本語
  • 한국어
  • Tiếng Việt
  • 繁體中文

 > セブ島ブログ・留学体験談 > TOURISMセブ島ブログ >

【変わり種スポット】パークモールの海賊版商品って…?

【変わり種スポット】パークモールの海賊版商品って…?

パークモールの写真

UVESLセンターkotaです。セブ島には多くのショッピングモールがあります。留学で訪れた際は必ず訪れるであろう、大規模なアヤラモールとSMモール。最近ではロビンソンガレリアやSMシーサイドシティモールなんかもあります。

それぞれ特徴はありますが、買い物に関して言うと、個人的にはどこに行ってもあまり変わらないように見えます。テナントは似たようなブランドばかり。カフェやレストランもチェーン店が多くそんなに変わり映えするようには見えません・・・。

そんな中で異色を放つショッピングモールが今回ご紹介する「パークモール」です。パークモールではナイキやアディダスといった有名メーカーの海賊版商品が堂々と陳列されており、物によっては正規品の半額以下で手に入ります。

パークモールってどんなとこ?

パークモールの外観

http://gregg003.blogspot.com/2011/12/parkmall-cebus-premier-shopping-hub_06.html

セブ市マンダウエの中心部にて2008年にオープンされました。もともと放置されていた倉庫だった場所ですが、リノベーションしてショッピングモールへと作り変えられたそうです。

以前はこの辺りをルートに含むジプニー(現地人が利用する乗り合いバス)がなく、セブアノの足は向かなかったようです。そのため来場客は自家用車を持っている外国人か中流階級以上の人たちがほとんどでした。そのあとマンダウエ市の開発対象( North Reclamation Area )となってからは周辺が数年でいっきに賑やかになり、最近ではジプニーもパークモールまで行き来するようになりました。

今では外国人、現地人問わず常に多くの来場客が訪れます。

パークモールってどう行けばいいの?

パークモールまでの地図

UVESLセンターからタクシーで25分ほど。タクシーで行く際は「パークモール」で通じないセブのドライバーはまずいないと思います。

タクシーでパークモールへ・・・

パークモールの写真

夜8時頃に出向いてみました。タクシーで120ペソ前後だったと思います。パークモール周辺には多くの飲食店が立ち並びます。その辺は他のショッピングモールと何ら変わりません。

パークモールの写真

中に入ってみると「日本城」という名の、日本の100均で売られているものを取り扱う店があります。今日の目的地はここではないのでエスカレーターで2階へ・・・

パークモールの目玉はココ

パークモールの写真

これがプラザ・バザール(The Plaza Bazaar)と呼ばれるエリア。ここでは海賊版の商品を数多く取り扱っています。

数多くというよりは、ほぼすべてですね。

パークモールの写真

いくつかの通路に分かれ小さな店がぎっしり、各々の店内にも名だたるブランドの商品たちが所狭しと並んでいます。通りかかると、フィリピン人店員が流暢な日本語で「イラッシャイマセ!」「ヤスイヨ!」「ナイキダヨ!」とくちぐちに話しかけてきます。

慣れてるなぁ・・・。

パークモールの写真

シューズも300ペソ前後で買うことができます。正直、これだけ堂々と並べらると一見ではわかりません。

パークモールの写真

正規品なら軽く2000円くらいはしそうなこちらのポリエステルのTシャツは200ペソ・・・。海賊版だから質が悪いんじゃないか?と思っていましたが、実際作りもちゃんとしているし素材も見るからに悪いとは思いませんでした。

というのも、海賊版商品のあいだでもランクがあるのだとか。コロンマーケットに並んでいるようなものは明らかな劣悪品が多いですが、ここはそういったところと比べ少し割高な分、質も(それなりに)高いようです。

パークモールの写真

海賊版ヴィトンのバッグは5000ペソ。もちろん正規品と比べれば劣るでしょうが、かなりしっかり作られています。だんだん正規品の値段が異常すぎるんじゃないかと思えてきました。

パークモールの写真

腕時計ももちろん海賊版です。正規品なら数十万はするロレックスも海賊版なら6000ペソ前後から。

パークモールの写真

「これいくら?」

店員「2000ペソ」

「高いならいらない」

店員「じゃあ1000ペソでいいよ」

「え」

といった感じで値切れることもあります。万が一ここで何かを買う場合は必ず値段交渉をするのが得策なようです。

 

以上、ちょっと変わり種のショッピングモール「パークモール」をご紹介しました!いつもの買い物に飽きたらたまにこういうスポットに来てみると新鮮かもしれません。海賊版の購入はくれぐれも自己責任でお願いします。

PAGE TOP