UVESL

セブ留学なら大学付設の英語学校UVESL

 
  • English (United States)
  • 日本語
  • 한국어
  • Tiếng Việt
  • 繁體中文

 > セブ島ブログ > OUTREACHセブ島ブログ >

バランガイの小さな学校に行きました!

バランガイの小さな学校に行きました!

こんにちは

UV ESL Centerです

3月18日に行われた毎月恒例のアウトリーチプログラムをご紹介いたします。

 

出発!

朝8:00に寮を出発。

移動はプライベートジプニーで!14名の参加者の中にはジプニー初体験の方も!!

 

バランガイという町の小さな学校

今回アウトリーチ活動は、バランガイという町のとっても小さな公立高等学校で行いました。

3年ほど前にバランガイ第一の公立高等学校として建てられた比較的新しい学校。

在校生が370名ほどしかいなく、「本当に高校なのか、、、?」と疑うほどこじんまりとした学校です。

 

活動開始!

今回のアウトリーチの内容は、学校清掃・ガーデニング・食事供給でした。

まず初めは学校清掃から!

生徒たちは誰かから言われるわけでもなく自ら進んでそれぞれの持ち場を決め、学校全体の清掃を始めました。

 

最大の敵

次はガーデニングの準備に入ります。

そこで渡されたのがプラスチックのバケツ、、、

このバケツは海岸に山積みになって捨ててあったものらしく、

それを植木鉢にリサイクルしようという試み、、、

 

そのバケツに粘り強くまとわりついているクラフトグルー。

こいつが今回の最大の敵でした。

 

グルーをきれいに取り除くのがとても大変で

ヘラを使ってみたり、、、

水でふやかしてみたり、、、

 

引っ張り合ってみたり、、、笑

 

みんな試行錯誤。

途中雨が降る中も、誰一人として手を休めることはありませんでした。

 

バランガイにいる、栄養失調の子供たち

日差しが強く差してきたころ、たくさんの子供たちがやってきました。

彼らはバランガイで暮らす、栄養失調の子供たち。バランガイの中では「Unfortunate Children」として知られています。

 

そんな彼らが 疲れた私たちに、笑顔とパワーを届けてくれました。

 

かわいい無邪気な子供たちにみんな目がない様子。

 

フィリピンの歌遊びも教えてもらいました。

たくさん体を動かした後は食事供給

仲良くなった子供たちとたくさん遊び、お腹も空いてきたので、

次は準備していた食事の配給。

 

メニューは

お粥とチキンとゆで卵

ここでも生徒さんたちが自主的に動く様子を目にしました。

 

食事中も子供たちとのコミュニケーションを怠りません。

 

ノルマ100鉢!ガーデニング開始!

昼食も済み、1時間の休憩の後は、最後の仕事 ガーデニングです!

目標は100鉢。

 

午前中に準備したプラスチックのバケツの底に穴を開け、土・肥料・苗木を入れていきます。

ここでは、一人の生徒さんがその場を仕切り、全員が協力し合い目標100鉢を目指して頑張りました。

 

全員が力を合わせてノルマ達成!!!

 

今回のアウトリーチプログラムでは、生徒一人ひとりが自主的に、かつ仲間と協力し合い活動しました。

そのため、この経験から得た達成感はとても大きかったことだと思います。

 

最後は、子供たちから別れの大きなハグをもらいました。

走り出したジプニーを追いかけてくる子もいました。笑

 

UV ESL校では毎月最後から2番目の土曜日にアウトリーチ活動を実施しております。

参加費用は600ペソ。参加をすると、就活などでもとても有利になるアウトリーチ参加証明書が発行されます!

 

興味のある方はぜひUV ESLに来てアウトリーチプログラムに参加しましょう!

PAGE TOP