初めての留学!高校生たちの一週間【アヤラで街頭インタビュー】 | セブで英語留学なら大学付設校UVESL
UVESL

セブ留学なら大学付設の英語学校UVESL

 
  • English (United States)
  • 日本語
  • 한국어
  • Tiếng Việt
  • 繁體中文

 > セブ島ブログ・留学体験談 > EVENT /セブ島ブログ >

初めての留学!高校生たちの一週間【アヤラで街頭インタビュー】

初めての留学!高校生たちの一週間【アヤラで街頭インタビュー】

高校生 アヤラモール

UVESLセンターです。今回ご紹介するのは、はじめてセブ島留学に訪れた29名の高校生たち。

 

彼らはUVESLで通常の勉強だけではなく「勉強した英語を使ってショッピングモールでのインタビュー・模造紙にまとめてプレゼンテーション」という独自のカリキュラムに取り組みました。

 

たった1週間の滞在でしたが、体当たりで取り組んだ今回の留学プログラム。今回はアヤラモール内にて行ったインタビュー、その後のプレゼンテーションをご紹介します。

インタビュー出発前・・・

高校生 説明

当校のチーフマネージャーによる諸注意に耳を傾ける生徒たち。この前日、先生たちからインタビューの際のマナーや会話のしかたをみっちり教わっています。

 

今回向かう先はセブでは有名なアヤラモール。

アヤラモール

http://www.cebu-bluewaters.com/ayala-center-cebu.html

セブ島へ留学へ訪れた学生は必ず一度は行くであろう大規模なショッピングモールです。

 

9つの少数グループに分かれた高校生たち。それぞれのトピックに沿って事前に準備していたスクリプトを片手に、アヤラモールの中へと繰り出しました。目標は最低10人にインタビューすること!

高校生 アヤラモール

見知らぬ土地で、もちろん日本語は通じません。ましてやほとんどの生徒にとって初めての海外。ちょっと道を尋ねるだけでもドキドキするものです。

高校生 インタビュー

そんな勇気を振り絞っての「Excuse me」に応えてくれる人は多く、インタビューにも快く応じてくれました。

高校生 アヤラモール

事前にしっかりと準備してきた甲斐あってか、スムーズにインタビューが進みます。

高校生 アヤラモール

2時間足らずという限られた時間でしたが、着実にインタビューをこなす高校生たち。

高校生 アヤラモール

当初は突然のインタビューに応えてくれる人がそんなに多くいるだろうか・・・と懸念されましたが、そこはさすがの南国セブ島。無視するような人はおらず、突然のインタビューにも笑顔で応えてくれました。

セブアノ(セブに住む人々)のラテン系ならではの陽気さに触れ、生徒たちもどんどん話しかけることに対する自信がついてきたように見えました。

高校生 アヤラモール

当初の懸念はまったくの無駄に終わり、全グループが時間内に目標の10名以上にインタビュー、多いところだと30名近くにインタビューしたグループもあります。

高校生 アヤラモール

達成記念に一枚。

高校生 インタビュー

せっかくなのでフィリピンのシンボル、ジョリビーとも記念の一枚。

高校生 アヤラモール

インタビューを終えて・・・

高校生 アカデミー

学校へ戻ったあとは休む間もなく、週末のプレゼンテーションへ向けて模造紙へまとめる作業に入ります。

高校生 アカデミー

言語はもちろん英語!限られた時間のなかで黙々を作業を進める高校生たち。

高校生 アカデミー

「間に合うかな・・・」そんな声がチラホラと聞こえてきます。

高校生 アカデミー

結局次の日も夜遅くまでプレゼンテーションの準備に追われることとなりました。

そしていよいよプレゼン当日・・・。

高校生 プレゼン

どうにか形にすることができました。

高校生 プレゼン

真剣な表情でクラスメートの発表を聞く生徒たち。

高校生 プレゼン

自分たちの足で動いて集めてきた情報なのでプレゼンにも力が入ります。

高校生 プレゼン

 

この1週間、怒涛のインプット、アウトプットを繰り返した高校生たち。きっと日本へ帰ったあとも、これからの英語の学習において大きな助けとなってくれそうですね。お疲れ様でした!

PAGE TOP