【備えあれば憂いなし】英語で言える??意外と知らないことわざ5選 | セブで英語留学なら大学付設校UVESL
UVESL

セブ留学なら大学付設の英語学校UVESL

 
  • English (United States)
  • 日本語
  • 한국어
  • Tiếng Việt
  • 繁體中文

 > セブ島ブログ・留学体験談 > ENGLISH /セブ島ブログ >

【備えあれば憂いなし】英語で言える??意外と知らないことわざ5選

【備えあれば憂いなし】英語で言える??意外と知らないことわざ5選

「あれ、英語だとなんていうんだっけ・・・?」

英語を勉強しているとこんな瞬間ありますよね。海外で生活している人なんかは、日本語だとこんな感じに言いたいんだけどなー、なんて時もあると思います。

今回は日本語だと知っているけど英語だと意外と知らない、知っておくと便利なことわざ5選をお送りします!

1, ちりも積もれば山となる

Little and often fills the purse.

 

Often は副詞で「しばしば、たびたび」purse は「財布」です。直訳すると「小銭でも何度も蓄えれば、財布がいっぱいになる」

小さなことでも積み重ねればたくさん稼げるようになる=成功する、といった意味合いですね。英語だと何かとお金に絡めた表現が多い気がします・・・。

 

2, 備えあれば憂いなし

Better safe than sorry.

 

正しい文法だと「 it is better to be safe than to be sorry. 」あとで悔やむよりは安全を優先しよう、といったニュアンスですね。

 

3, 二兎を追う者は一兎も得ず

If you chase two rabbits, you will not catch either.

 

これはそのままの意味ですね。 chase は「追いかける」で not … either A or B は「どちらも・・・ない」

you will not catch either ( うさぎ or うさぎ )

どちらのうさぎも捕まえることができない、という意味です。海外でも追いかけるものはうさぎなんですね・・・。

 

4, 石の上にも三年

Patience is a virtue.

 

Patience は「我慢」という意味で virtue は「美徳、長所」などの意味があります。

「忍耐こそが美徳」

日本人的な発想ですが海外でもこういう表現があるんですね。

 

5, 継続は力なり

Persistence pays off.

 

pay off は(借金などを)精算する(事業などが)成功するなど。

こつこつ積み重ねることがいつか身を結ぶ。

「忍耐」が我慢して続けた時間や労力を精算してくれる。という意味合いですね。

 

 

以上、日本でお馴染みの、英語で言えそうだけど意外と知らないことわざ5選をお送りしました。ふだんの英会話でぜひ使ってみてくださいね!

PAGE TOP